友達と距離を置きたい時は現実的にどうすればいいのか【仲が良かった場合】

友達と距離を置きたい時は現実的に、どうすうればいいのか。

今まで仲良く付き合っていた友達と距離を置きたくなることは、めずらしくないと思います。

学生時代にはすごく気が合っていたように感じる相手でも、大人になって、社会に出て、色々な価値観を持つようになってから・・・

なんだか一緒に居ても楽しくない。違和感を感じてしまう。

嫌いになったわけではないけど、今までのような付き合いはできないかも。

 

そうなった時、相手も同じように感じてくれていたら話は早いですが、そうではないから悩みますよね。

仲の良い友達と距離をとりたくなってしまったら、どうしたらいいでしょうか。

 

この記事は友人との距離の取り方になります。単なる知り合い・仲良くない人と距離を取りたい場合にはこちらをどうぞ。

>>> 人と距離を置く方法。苦手な人・嫌いな人に壁を感じてもらうには。

スポンサーリンク

友達と距離を置きたくなった理由

友達と距離を置きたい理由は様々ですが、よくある理由として

▼成長して考えが合わなくなった

▼一時的なイライラやもやもやが溜まって会いたくない

▼付き合い方が変化して、バランスが崩れた

▼距離・仕事など日常生活の違い

など、決定的な亀裂というよりは、お互いのズレが大きくなったパターンが多いのではないでしょうか。

 

私事ですが、最近、メールで雑談されることがすごく苦手になりました。20代の頃は全く平気でしたが・・・

内容のあるメールならちゃんと考えて返信するけど、日常のどうでもいい報告や経過を聞かされるのは正直めんどう。

でも、私側にそういうちょっとした雑談を受け入れる余裕が無いんだろうな、ということも理解しています。だからこそ、どうしようかなと考えてもやもや。

なので最近は思い切って、

▼ちゃんと返信すべき内容にはちゃんと文章で

▼どうでもいい愚痴・雑談には一言 or スタンプで

返信するようにしました。

今までスタンプを使わないやりとりだったので、友人もなんとなく違和感を感じてくれたようで、だんだん愚痴は届かなくなりました。

でももしも、こちらの対応に関わらず愚痴がどしどし届くようであれば、正直に「会ってる時に効聞くのは楽しいけど、メールは正直キツイ」と伝えたと思います。

それで文句を言うようであれば、割り切って疎遠にしたかも?です。

ラインなどのやりとりもささいな事のようですが「違和感」と感じさせるきっかけに十分なり得ます。

『友達』ならば、冷静に伝えてみては

もし、「昔は友達だったけどもう二度と会いたくない」というのであれば、わざわざ本人にそれを告げる必要はないと思います。

もう縁を切りたいとまで思い詰めているなら、一旦こちらをどうぞ。>>>後悔しない人間関係断捨離のすすめ。それは逃げではありませんか?

でもそうではなく「単純に、今はすこし距離を置きたい」というのであれば、友達ならば正直に伝えてもいいんじゃないでしょうか。

黙って去るのは悲しい(友達なら)

今は合わないとはいえ、それでも少し前まで仲良く付き合いがあった間柄。

ふいっと疎遠にしてしまって、相手から「え?何で?」と思われるのは不本意ではないでしょうか。

今の自分の気持ちを伝えて逆上するような相手でない限り、本当に仲良くしていたなら正直に打ち明けてもいいと思うんです。

私はある程度ガマンしたら黙っていられないタイプなので、過去に数回、そういう「自分の限界」を伝えたことがあります。

高校時代からの同級生であった友達にも、大人になってからのすれ違いを手紙で伝えたことがあります。理由と共に、「しばらく会わない方がいいと思う。それくらい価値観が違う。」という言葉を添えました。

感情的に伝えるのも大人げない

信じられない。受け入れられない。

なんらかの出来事で相手の根本的な部分に不信感を抱いてしまい、もう当分会いたくない。という場合。

いくら仲良くしていた間柄でも、感情的にぶちまけるような伝え方は、大人げないと思います

女子同士であればなおさら、感情をぶつけると相手も反発して「なによっ!」と余計ややこしいことになるだけです。

もしくは表面的には「ごめんね」と言ってくれたとしても、腹の中でふつふつ・・・という事も十分にあり得ます。

泣いて怒って笑ってを共有するのは、学生時代までが限界ではないでしょうか。

落ち着いて、淡々と自分の気持ちをまとめてから言ってみては

相手を批判する意図ではなかったとしても、違う意見を言っただけで「否定された!」と過剰に受け取る人はいるものなので、

それならいっそ何も言わない方が・・・と思う方がいるのも分かります。

でもやっぱり、丁寧に自分の気持ちを伝えてみても、損はないんじゃないかなーと思います。友達なら。

伝えた結果、もし相手の納得が得られず最悪ケンカ別れしたとしても、何も言わないままよりは後になって自分の考えをふり返ったり、「あぁすれば良かったな」と思い直すこともできると思うのです。

それは自分だけじゃなく、言われた側の人間に取ってもです。

「察して」は捨てる。やっぱり言わなきゃ。

仲が良かったのであれば(しつこい)、どんな形であれ相手に伝えることをおすすめします。

が、それでも「言いにくい」「言えない」という人もいるでしょう。気持ちはわかります。

相手を否定したくないし、自分の考えを押し付けたくもない。でも、どうしてももやもやする・・・

こればかりは、「言わない」まま、相手に何かを期待してもストレスになるだけです。

いくら仲が良かったとしても、「察してほしい」を求めるのは少し大人げない。家族だろうが夫婦だろうが、言わないとやっぱり伝わりません。

ただその伝え方も、一歩間違うと曲げて解釈されてしまう心配もありますよね。

そこは難しいのだけど、信頼関係があったはずの友人だからこそできる事かなぁとも思います。

どうしても言いたくないのなら、周りを巻き込むのもアリ

どうしても自分からは言えない。

でも、今の関係を継続することも絶対むり。

 

・・・というのであれば、最終手段として周りを巻き込んで協力してもらうという方法もあります。

共通の友人に相談して、それとなく外堀から埋めてじわじわ距離を話してゆく作戦です。

 

ただしこの方法を実行してしまうと、よほど周りの人の共感がある場合を除いて『ある程度自分の信用が落ちる』ことは覚悟せねばいけません

「あぁこの人はこうやって周りを巻き込まないと自分の意見も言えないのか」と思われるリスクがあります。

それに距離を置かれた相手も、必要以上の不信感を周囲に抱くことになります。

「私が知らないところで、なんか話があったのかも。」と遅かれ早かれ気が付きます。

こうなると、距離を置きたいどころではなくもう修正不能ですよね。なので、おすすめはしません。

 

 

自然と縁が切れることはごく普通なことですが、そこに必要以上に「私が正しい理由・あなたが悪い理由」をくっつけない方が、結局は自分のためにも良いのだと思います。

 

単なる知り合い・仲良くない人と距離を取りたい場合にはこちらをどうぞ。

>>> 人と距離を置く方法。苦手な人・嫌いな人に壁を感じてもらうには。

人と距離を置く方法。苦手な人・嫌いな人に壁を感じてもらうには。