自分視点に溺れないために。俯瞰のメリットとその方法。

自分を俯瞰するほうほう

現状を何とかしたい。

今の自分を変えたい。

 

そう強く願うほど、

現状の自分を否定したり

周りの環境を否定したりと・・・

「私はこうだ。周りはこうだ。」という揺るがぬ強い視点(見解)ができあがってしまっています

 

関連記事

「〇〇な人」は人生損しすぎ!3週間で自分が変わるアナログな方法。

 

自分の見解・意見はしっかり持つべき場面は多々ありますが、それがいきすぎると自分で自分を不幸にしてしまいます

 

そんな、自分視点に溺れてしまうのを防ぐためにできることが、俯瞰です。

簡単にできて、約に立ちます。

スポンサーリンク

俯瞰とは?どんなメリットがある?

俯瞰とは?:高い所から見下ろし眺めること
自分以外の視点から、物事や様子をありのままに眺めることです。

俯瞰のメリット

自分を俯瞰することで、

  • あの人がこうだから
  • 環境がこうだから
  • 私はこうだから

とあくまで自分目線で見ていた景色から、すこし距離を取って眺めるようにみることができます。

 

自分を俯瞰するほうほう

自分を客観的に眺めてみると

「なんか表情が暗いなぁ」

「真面目すぎじゃない?」

「けっこう楽しそうにしてるじゃん」

「ちょっと、偉そう・・・」

 

など、いつもは気づいていないダメだしや、良い所を見つけることができます。

俯瞰の方法は「ドラマの一場面のように」

俯瞰とは、「高いところから見下ろし眺めること」。なので、鳥が空から自分を見下ろしているようなイメージでやってみると簡単です。

ですが個人的なおすすめとしては

テレビドラマのカメラ担当になったつもりで、自分の日常を少しドラマチックに切り取ってみる方法です。

 

  • 朝、出勤するときの自分
  • 職場で同僚と話している時の自分
  • 仕事中の自分
  • 楽しい気分のときの自分
  • 不安を感じているときの自分

いろんな自分自身をカメラで追ってみてください。

 

10分くらい1人の時間をとって目をつぶってゆっくりイメージしてもいいし、ぱっと思いついた時に「今の自分をカメラ越しに見たら?」と考えてみたり。

やり方は自由です。

 

さっそく、このブログを読んでいる自分をカメラ越しに眺めてみてください

 

俯瞰に正解は無い。自分を見て何を思うかを受け止めるだけ。

自分を客観的に見てみた結果、自分の表情が気になってしまうかもしれないし、「もっとこうすればいいのに」とアドバイスしたくなるかもしれません。

「意外と悪くないな、私」と感じるかもしれないし、そもそも全く自分を視たくないかもしれません。

 

何が正解ということはありません。ネガティブな気持ちになっても、それはただ「今の気持ち」というだけのことです。

 

自分の視点だけでは気が付かなかった、

  • 一歩引いた景色
  • 自分というキャラクターの様子

を楽しんでみてください。