人間関係に効く風水と、「おまじない的」色の取り入れ方。

人間関係に効く風水と、「おまじない的」色の取り入れ方。

人間関係が悪化して困ってる・・・どうにかしたいけど、どうしていいのわからない・・・。

そんなあなたに捧げるおなじない風水をご紹介します。

スポンサーリンク

月並みだけど心がすごくすっきりする掃除

何かに悩んでつらいとき、掃除なんてする元気が出ない・・・

もう何もかも、どうでもいい・・・

 

そんな時ほど、元気を出して掃除をしましょう。

あなたを移す鏡

汚れが溜まりがちな水回り

見落としがちな床の隅

などは特に念入りに。

 

直接肌に触れるシーツにタオル類を一新するのもいいですね。

 

掃除が終わったら、部屋に花を飾ってみてはいかがでしょう。

 

掃除さえすれば人間関係がスムーズに・・・とは限りませんが、部屋をすっきりさせると、思っているよりも気持ちがスッキリ軽くなります。

つまり、悩んで「う~ん・・・」となっている状態よりも一歩前進できます

 

何かに思い悩んでいるときは、頭よりも体を動かすとなぜかいいことがあります。

部屋には柑橘系の香りを・職場にはフローラルな香りを身に着けて

部屋がすっきりしたところで、部屋にエッセンシャルオイルの香りを満たしてみてはいかがでしょう。

疲れた心にビタミン補給。スイートオレンジやグレープフルーツなどの柑橘系がおすすめです

香りの中で深呼吸をすれば頭や肩のコリもほぐれ、しぼんだ心に元気が出てきます。

 

そして職場へ行く時には、ラベンダーやローズ、ジャスミンなどのフローラルな香りを取り入れてみましょう

やわらかな花の香は心を落ち着かせ、あなたの優しい面を引き立ててくれます。

とはいえ、オフィスで強い香りはご法度。おすすめは、タオルハンカチに2・3滴落としておく方法です。

そうすれば手があいた時、こっそりハンカチを通して香りをかいでリラックスできます。

 

もしも、あなたが大好きな香りがあるのなら上の通りでなくともOKです。あなたの心がほっと落ち着く、そんな香りを探してみてくださいね。

色の力を取り入れよう。シチュエーション別おすすめカラー

次に、身に着ける色・身の回りに置く色を意識してみましょう。

「しんどい」と感じる色は一旦見えない場所に

あなたが毎日見る空間、夜ゆったりと過ごす部屋に、あなたがしんどいと感じる色を置いていませんか?

知らず知らずの間にストレスを受けているかもしれません。

ビビットな赤色や、黒、白すぎる空間など、何気なく置いているアイテムに違和感を感じたら、一旦タンスの中や物置に収納しましょう。

人間関係でセンシティブになっているあなたには、目を開けてもつむっても、ほっと一息つける部屋が必要です。

人に優しく接したいなら、パステルカラーの服を着て。

どうしても冷たくあたってしまう。キツイ自分を演じてしまう。

そんな時は、パステルカラーを取り入れましょう。

パステルカラーの服に違和感を感じるなら、カーディガンやワンポイントでの刺し色で取り入れても大丈夫。

クリーム系やピンク系、淡いグリーンなどの色味は心をふんわりほぐしてくれます。

人に毅然と接したいなら、ロイヤルブルーのアイテムを。

いつも一歩引いてしまう。ちゃんと自分の意思を示したい!

そんな時は、ロイヤルブルーを取り入れてみましょう。

黒やビビッドな色よりも着ている人の個性を引き立てつつ、心をすっきりと研ぎ澄ませてくれます。

落ち着いてうまく話しをしたい。人前に出る時には水色を。

人前で話をすると、どうしても緊張してしまう。でも、落ち着いて話がしたい。

そんな時は、水色のアイテムを取り入れてみましょう。

頭の中すっきり整えつつ、相手の反応をきちんと受け入れながらキャッチボールをする余裕をあなたの心に作ってくれます。

今が上手くいってないのなら、「いつもと違う」を意識して

私には白が似合う

グレーばっかり買ってしまう

明るいオレンジは私っぽくないから・・・

 

このように、誰でもつい、「自分のイメージ」に合う色を選らんでしまいます。

でも、今に少し悩みがあるのなら、いつもの色から離れてみませんか?

 

あなたの考えや性格を変えるのは難しくても、色を変えるならすぐにでもできます。

色は、身に着けているあなたも目にするし、周りの人も、色とセットであなたを見ます。

 

どんな風に見られたい?どんな風でいたい?そういう目線で選んでみるのも楽しいですよ。