友達からメールの返信がこない・・・怒ってる?切られた?な経験をした。

友達からメールの返信がこない・・・怒ってる?切られた?な体験。

少し個人的な話になりますが、友達とメール(ライン)でやりとりをしていて、途中でぱたっと返信が来なくなってしまったことがあります。

「あれ。もしかして怒ってるかな?」

今までのその人とのやりとりを振り返っても、スタンプ1つ返さずに話を終えることはない感じ。

となると

  • 怒ってる
  • 悲しんでいる
  • もう私のことが嫌になって切った
  • 突然他の用事が舞い込んで手がふさがった

のどれかだろう。

 

勝手に相手の心を読むことはしないようにしているけれど、なんとなく雰囲気で「多分、悲しみと怒りのミックスかな?」という予想を立てました。

こういう時って、どう対応すべきなんでしょうね。

私見と共に、まとめてみました。

スポンサーリンク

自分に非が無いか送った文面をチェックする

まずは自分が失礼なことを言ってないか、再確認します。

相手からのメールと、それに対する自分の返信。

文面を何度も確認してから返信するタイプですが、こうして読み返してみても、ふむふむ。特に問題なし。

メールってやはり対面で話をするのとは違って言葉のトーンや細かい表情が伝わらないので、誤解が生まれやすいですよね

だからメールでは、普通よりもやや明るめに文を作るようにしています。

もしも「あ、言葉足らずだったかな」というポイントがあれば、重ねてメールを送って「ここはこういう意味だからね」って軽く解説すると、向こうにもそれとなく気遣いが伝わります。
ただし自分の伝えたい内容にとくに変更はなく、かつ相手が変に誤解しない内容だと判断すればそのまま放置です。余計な弁解はしません。

どうして相手が怒ったと感じたかというと

そもそも「あれ?怒ったかな?」と思うには理由がありますよね。

それは何かというと、それまでのメールのやりとりの中で、なんとなく相手の期待を感じていたのです。そして私はそれをさくっとスルーしました

その文面を送ったとたんにぴたっと止まったので、

「あ、怒ったかな?」

と思い至ったのです。

そもそも言葉にされてない期待に応える気が全く無い

この段階で完全に私の想像で話が進んでいる(怒ったのも想像・期待があったのも想像)ので該当のお友達には申し訳ないのですが、でも今回は多分それで合ってると思います。

でも私はポリシーとして、こちらの気が全く乗らない期待をされても応える意義が見いだせないので、そこは全力で突破します。

ちなみに友達という言葉を使ってはいますが、大事な友達ではありません(ごめんなさい)。会ったことも数回しかなく、当初は好感が持てる相手だったので、友達という言葉を使っていました。でも今は大きな価値観の違いを感じてしまい、遠くから見守るくらいの付き合いしかできません。

おそらく彼女は

「え、じゃあ会おうよ!」

「協力するよ!」

私のそんな言葉をきっと期待してたんだと思います。

 

でも本当に私には全く価値がわからない内容で、時間もお金もそこに注ぐ余力はありません。

なので「そうなんだ!頑張って!」という他人事全開のメッセージを返しました。それは本音ですしね。

とはいえ返信が途絶えた時、「あ、すこし言い訳したほうがいいのかな?」「私には荷が重いし現実的に無理って軽く書いた方がいいかな?」とも考えました。

でも、そもそも、会おうよとも協力してよとも言われてませんしね・・・。変に気を回すのはやめようと考えなおし、返信がないまま放置しました。

私の考え方はこうです

>>>期待に答えたくないから「察して欲しい・分かってくれない」と言われるのが大嫌い。

数日後、返信がきました

その子は返信が早いタイプなので、当日返信がないというだけでも明らかに異常事態です。

確実になにか思うところがあったのだろうなと想像しながら、

「でも、私はこれ以上はどうにもできない」

「もしこれで切られるようならそれでいい」

と思っていたら・・・返信が届きました。

 

文面自体は、いつもの彼女のように明るい雰囲気。

でも核心には触れない、そんな雰囲気(考えすぎかな)。

 

そのメールにはとくに返信する内容が無かったのでスタンプを送ると、彼女からもスタンプが送られてきました。

それでおしまい。

個人の性格はそれぞれ。メールのスタイルもそれぞれ。

私は長文メールが届いたらなるべく同じくらいの長さで返すようにはしていますが(内容にもよる)、相手にはそれは求めません。

長い返信が来たらきたで、また返さないといけなくなってしまいますしね。

だから私が小ネタを入れても華麗にスルーで要件のみ返してくれるような人は、実は結構好きなのです。

会った時に楽しく話ができれば、メールでの繋がりはそこまで重要じゃないと思っています。

 

たまにメールのマナー的に関する話題がネットニュースになることもありますが、ビジネスシーンでない限り、ましてやプライベートならお互いがよければそれでいいですよね。

お互いのペースが調度いい塩梅の間柄でないと、遅かれ早かれその関係は終わりに向います。

ならば早いうちから「自分の塩梅」を提示し合った方がいいんでないかな、と思うのです。

 

実際のところ、メールの使い方は人それぞれ。それこそ十人十色です。

自分に非があるならまだしも、心当たりがないのに「返信がない・・・」ってもやもやするよりも、「あ、返信なかったっけ?」となるくらい日常生活に気を向けていたほうが健全でいられるのではないでしょうか。

 

関連 期待に答えたくないから「察して欲しい・分かってくれない」と言われるのが大嫌い。

期待に答えたくないから「察して欲しい・分かってくれない」と言われるのが大嫌い。